歴代使用ラケットを整理してみました(o^。^o)

ここ最近、991の話題ばかりでしたのでちょっと冷静になってみようということと、先日bobbieeさんのブログでご紹介のありました”懐かしいテニスラケット”に呼応させていただこうと、ここで自分の歴代使用してきたラケットを整理してみたいと思います。

ただし、30年ほどを遡ることになるので(爆)使用したラケットの順序が前後することもありますし、すでにある程度ラケットを処分してしまっていますので、画像はいろいろと代用しております。

それでは、30年前にタイムスリップしてみましょう(笑)


<注:テニスにそれほどご興味の無い方にとっては、退屈な更新だと思われますので(汗)読み流してやってください^^;;>





1本目:スラセンジャーのウッドラケット(モデル名不明)
小学生の私に、テニスを趣味としていた両親から”遊び用”として買ってもらった最初のラケットです(もちろん画像はなし)。まあ、子供のお遊び用ラケットとして買ってもらったくらいなので、ガットが切れたところであえなく物置行きでした(汗)。

そんなときはたまに父や母が使用していたこんなラケットを貸してもらっていました。
a0042970_2253847.jpg
今でこそ、シャラポワがテニス界の美人選手として有名ですが、このベッティーナ・バンジが美人選手として人気がありました。このバンジが使用していたラケットが「ヘッドのプロフェッショナル」というラケットでして、これと同じヘッドの「アーサーアッシュ・コンペティション」を両親が使用していたので、たまに使わせてもらってました。

2本目:ウイルソン T-2000
a0042970_22104244.jpg
ご存じ、ジミー・コナーズの愛機!ウイルソンT-2000。これだけは、まだまだ現存させてますが、すでに購入してから32年経っています(汗)。当時コナーズの大ファンであった私は、このラケットを父親にせがみ、渋谷のウインザーに買いに行った覚えがあります。
さて、このラケットやっぱりスピン性能については、厳しいものがあります。がしかし、フラットでぶっ叩くと見事なボールの走りがありましたね。この辺りはコナーズのプレースタイルに合わせたものなのでしょう。たまにこのラケットで打ってみたい衝動にかられますが(笑)実はもうグリップ部分がボロボロなのです(汗)。

3本目:ヤマハ YFG65
a0042970_22224725.jpg
世は”セミラージ全盛時代”。やはりT-2000でフラット打法で頑張ってみても、限界がありました。高校の部活動の仲間内で、ヤマハのYFGシリーズは人気を二分していました。私は、フレックスが硬めで弾きの良いYFG65を選択。YFG45のほうは、フレックスも柔らかくラケットのしなりを生かしてスピンをかけて打つプレースタイルに合っていました。

4本目:ヤマハ YFG55
a0042970_2230589.jpg
YFG65の後に、出てきたこのYFG55、ちょうどYFG45と65の中間のフレックスということで、メーカーの売り文句としては「ストロークにもボレーにも」といったところですが、確かにそんな感じのラケットでして、シングルスでもダブルスでも扱いやすかったラケットでした。

5本目:ロシニョール F250グラファイト(画像はなし)
a0042970_22365437.jpg
ヤマハのセミラージのラケットを使ってきて、打法もトップスピンになってきたところで、このマッツ・ヴィランデルという選手は、気になる選手でした。ヴィランデルはこの画像のF200カーボンというラケットを使用していたのですが、これよりも硬いフレックスでグラファイトを多く使用したF250グラファイトに使用を変更する、という噂に流され購入(ただし、単なる噂だけで、その後もヴィランデルはF200カーボンを使用し続けた・・・・爆)。
F250ですが、意外と弾きが良い割にコントロールも良く、この後結構長い期間ラケットチェンジに失敗したときに戻ってくるラケットとして活躍してくれました。

6本目:ロシニョール F200カーボン
そして、やっぱりこのラケットに辿りつくことになりました。とても柔らかいフレックスのラケットでしてラケットのしなりを使ってボールを飛ばす感じの打ち味。また、ボールホールドの長さを利用してスピンをしっかりかけることが出来るといったこの頃の私好みのラケットでした。
そして、バックハンドもヴィランデル同様ダブルハンドのトップスピンに変えたりして(笑)勝手に気分を盛り上げたり・・・・・。


閑話休題
a0042970_2249289.jpg
そうそう!高校のテニス部の仲間にはこの飲み物で逸話を作った人も!!


7本目:プリンス C.T.S GRADUATE90
a0042970_22524492.jpg
このラケットもヴィランデルの影響でした(爆)。前年年間3つのグランドスラムタイトルを取ったヴィランデルですが、次の年は成績もさっぱり・・・・。そこで彼が使い始めたラケットがこのプリンスでした。私としても、それまで使用していたF200カーボンが2本とも折れてしまったこともありこのラケットにチェンジしたのですが、F200よりも少し大きいフェイスサイズとラケット自体にパワーがあったためストロークにしてもボレーにしてもパワー的には楽な展開に持ち込めましたが、コントロール性能は落ちてしまいました。そして肝心のヴィランデルも短期間でこのラケットからまたロシニョールの中厚コンベックスブリッジのラケットにチェンジし、私の”ラケットおっかけ”もここで終了となりました。

a0042970_65621.jpg
そう言えばこの頃、こんなクルマが出てきたんですね。この頃の日本車は輝いておりました。今の日本車はデザインもコンセプトも全く魅力的なものが無い!!(涙)。私が日本車に戻るとしたらそれはもう”金銭的な事情”からでしか無いでしょうね(苦笑)。

8本目:ヨネックス チタン400
a0042970_692852.jpg
雑誌の高評価につられて購入。しかしながら高反発(というかラケットのパワーアシストが強い)の性能に自分のプレーを合わせることが出来ずに、短期間の使用ですぐにF250グラファイトに戻すことに・・・・。
これを最初にヨネックスのラケットは数本使用することになりますが、どれも私には合わないラケットとなりました。でも、ボレーの感触だけは実に良く、ボレーだけなら今でも使えるかも???といったラケットでした。

9本目:ウイルソン プロスタッフクラシック95
a0042970_6133424.jpg
2本目のウイルソンです。この頃「ATPプレーヤーの中で使用率№1」と謳われていたこのラケット、さすがに85平方インチ・17ミリ厚のプロスタッフは厳しいと思い、こちらをチョイス。確かに95平方インチありますし、ラケットのフレックスも硬すぎず柔らかすぎずの”THEウイルソン!!”といったラケットでした。自分でも調子の良いときは”なんでも出来そう・・・・”なほど気持ちの良いプレーが出来るラケットでしたが、ひとたび調子が悪く振れなくなると途端に扱いが難しくなる二面性を持っていましたね。

10本目:プリンス スーパーグラファイト
a0042970_6224495.jpg
この頃、友人に借りたプリンスのグラファイトⅡが非常に心地よく、ストローク・ボレーともに好印象だったので、ちょうど出たばかりのこのラケットを購入してみました。
グラファイトⅡよりは若干ソフトフレックスではありましたが、107平方インチのフェイス面積でも結構コントロール性能が良かったり、スピンもかなりかかってくれたり、ボレーもしやすかったり、私にとっては長期間使用したラケットでしたね。今、このラケットのようなオーバーサイズのラケットでもそんなにパワーアシストが強くないラケットがあったらちょっと使ってみたい気がします。

11本目:ウイルソン ハイパーハンマー4.3
a0042970_6281877.jpg
スーパーグラファイトで気持ち良くプレーしていた私でしたが、この頃、腰の病気にかかり、手術するということに・・・・。「もうテニス出来ないかも・・・」と覚悟はしていたのですが、幸運にも1年後にテニス復帰が出来まして、またスーパーグラファイトを握ってプレーしていました。しかしながら1年間テニスしていなかったことがたたり、自分にパワー不足を感じるようになりました。
「練習不足はラケットに頼れ!!」がモットーの私は(超爆)、ここで軽量・高反発・オーバーサイズのこのラケットにチェンジ。くしくもこの頃からトップに上り詰めたビーナス・ウイリアムズが使用していたラケットです。
ところが、さすがに自分には軽すぎるラケットでして、このラケットスイングウエイトが281(現在使用しているラケットがおおよそ304)、また実質のラケット重量もかなり軽かったため相手のボールに打ち負けてしまうんですね。特にボレー・ボレーのときがてきめんでした。とにかくしっかり真ん中に当たっていても打ち負けるので、良いボールが返らない・・・・。きっと相手も私のボールが軽くなったと思っていたことでしょう。

12本目:バボラ ピュアドライブ
a0042970_6394244.jpg
ハイパーハンマーの軽すぎるウエイトに見切りを付けて、この頃活躍していたカルロス・モヤやキム・クライシュテルスにあやかって(笑)このラケットにチェンジ。
やはりウエイトのUPとともにストロークもボレーも打ち負けなくなりましたし、逆に押し込んでいけるようにもなりました。でもこのラケット実質はかなり硬いフレックスを持ったラケットでして、その硬さを独自のウーファーシステムで緩和している(しているように感じさせる)といったラケットなので、知らず知らずのうちに自分の肘にダメージを蓄積していることに気がつきませんでした。
ある日、練習中に肘に痛みが走り、以後1~2カ月はプレーが出来なくなりました。そう!初めてのテニスエルボーでした。
また、ボレーの感触(というか、ラケットフェイスに係る自分の感覚)が合わず、またまたラケットチェンジすることに・・・・・。今このピュアドライブ2本は友人の手にあります。

13本目:ヘッド iプレステージMP
a0042970_6482027.jpg
ウイルソンの「プロスタッフ系」と同様にヘッドの「プレステージ系」のラケットは独特の打ち味で人気があります。このiプレステージもその”一族”のラケットなのですが、私は、フェイスサイズ98平方インチのMP(ミッドプラス)のサイズを選びました。
このiプレステージは、ストリングスパターンが18×20のもの・・・・。どちらかというと”弾きの良い”ラケットになります。肝心のテニスエルボーですが、このラケットにして少しずつ和らいでいき、その後再発することはありません。奇しくもラケットの打ち味と実際に身体にかかる負担にギャップがあるってことを感じさせられたラケットチェンジとなりました。

14本目:ウイルソン nSixOne tour90
a0042970_21402496.jpg
さてさて、今でも私のメインラケットとなっているnSixOne tour90です。ロジャー・フェデラーが初めてグランドスラム年間3勝したのを記念に購入!!私にとって初めてのプロスタッフ系ラケットとなりました。
このラケットは、iプレステージに比べるとフレックスが柔らかく、ラケット全体でしなりながらもフラット気味にぶっ叩くと「これが自分の打球か!?」と思うほどの伸びの良いスピードボールが打てるのです。ただしかし、生半可に振っていると90平方インチで17mmのフレーム厚ですから、簡単にラケットに裏切られますので(汗)、とにかくいつもフルスイングです。

15本目:ウイルソン Ksixone tour90
a0042970_21595497.jpg
ハイハイ!またまた”追っかけ”です。フェデラーのラケットチェンジに合わせてこのksixoneを購入してみました。
でもですね、前のnとはま~ったく違うラケットなんですよ・・・・。とにかくプロスタッフ系にあるまじき”弾き感”。nに慣れ切った自分には到底ついていけない感覚のラケットでした。でも、ここ最近、このラケットにこれまでのようなポリエステルのガットではなく、ナイロンマルチのガットを張って打ってみようかと画策中。

16本目:ヨネックス RDS002ツアー
a0042970_21523133.jpg
nSixOne tour90やKsixone tour90から、ちょっと楽をしたくなり(笑)98平方インチであまりパワーアシストの無いラケットを探した結果、このラケットにたどり着いたのですが、う~ん!?結局私にはヨネックスが合わないのですね。nSixOne tour90のように気持ち良く振ることができなくなり、数か月でラケットチェンジ。

17本目:バボラ ピュアストームツアー
a0042970_21575879.jpg
ヨネックスが合わずに今度はバボラのピュアストーツアーに挑戦!!これも98インチのツアー系ラケットですが、やっぱりウイルソンのツアー系ラケットに慣れた身としては、なんだかちょっと物足りない気が・・・・。
確かに楽は楽なんだけど。ということで、これも数か月使用の後にお蔵入りに・・・・。

18本目:ヨネックス RDiS100MP
あれっ!?このラケットだけ画像もないぞ(爆)。これもやっぱり私には合わないラケットでして、すぐにお蔵入り。つい最近、先のRDS002ツアーと一緒にヤフオク行きに・・・・。

19本目:ヘッド ユーテックIGスピードMP
a0042970_2235999.jpg
ようやく一番新しいラケットの登場となりました。これはジョコビッチ使用のラケットなんですが、久々の18×20のストリングパターンのラケットです。弾きの強いラケットですが、そこは現代のラケット、しっかりスピンが利いたボールが打てます。まだラケットに慣れ切っていないので、フルスイング出来ないのですが、ボレーの打ちやすさは天下一品です。これから少しずつ慣れていきたいですね。



ということで、自分の歴代ラケットを総括してみました。こう見ていますとやっぱりウイルソンのラケットが好みかな!?これからは、新しいヘッドのラケットに慣れながらも、ウイルソンのnとkのラケットをラケットバッグにしのばせてコートに向かうことになりそうです。

長文にお付き合いいただき、ありがとうございましたm(_ _)m
by Tristan987 | 2011-09-04 23:13 | テニス | Comments(10)
Commented by pinokirin at 2011-09-06 00:24
 大変勉強させていただきました〜♪
私は高校の時はバドミントン部だったのですが、先輩から5千円で譲ってもらったヨネックスのラケットが未だに現役です(苦笑)
久しぶりにやりたくなってきました〜 (^^)
シルビアもS13良かったですね〜(爆)
Commented by Tristan987 at 2011-09-06 21:59
> pinokirinさん
こんばんは!!
駄文にお付き合いいただき、ありがとうございます^^;;
バドミントンは私も好きなスポーツです。ある意味テニスよりも
運動量が多いスポーツですよね。もしプレーされる場合は、
アキレス腱の怪我にご用心!!(笑)

>シルビアもS13良かったですね
S13シルビアは、結構欲しかったクルマでしたが、そのうちに
族車や走り屋の代表のようなクルマになってしまい、その後出た
S14のデザインに幻滅してから衰退の一途をたどってしまいましたね(爆)。
やはり日本車のデザインやコンセプトは、バブルの頃で終わってしまったのでしょうか?(汗)
Commented by bobbiee at 2011-09-08 11:32
こんにちわッ
テニスネタで乗り遅れてしまいました(>_<)
全部読みました(コメが長くなる事は必至なので2部構成で…笑)
最初がスラセンジャーって、通なスタートですね~
全英のボールというイメージと、
後々、コナーズやアランチャサンチェスが使ってましたよね。
コナーズは僕も大好きで、スランセンジャーのトーナメントバッグは使ってました。
(まだ持ってます、ボロボロですけど)

T-2000も名品ですよね~
この面の大きさは、スライスすら打ち辛そう(+_+)
ガットの色も懐かしく、画面からこの時代のラケット特有の匂いがしてきそうです(笑)

バンジも懐かしい…グラフが出る前、西ドイツと言えばバンジでしたよね。 
当時、ヘッドユーザーだったのでファンでした。

でで、“ロシニョール”…、これを使われてましたか~(^.^)
正直、使うのに若干抵抗があるラケットでしたけど(スミマセン)、
でも、ユーザーに言わせると、これも名品だったらしいですねッ
*今回、僕がフォルクルを買った 「中古ラケット.com」さんでF250が売られてましたヨ、確か3000円でした。

一旦、ここで1つ目のコメを終わりますッ(^.^)
Commented by bobbiee at 2011-09-08 17:02
引き続き、お邪魔します。

>GRADUATE90
ビランデルのプリンスってこれなんですね、知りませんでした。
CTSは、ライトニングって名前だったと思うですが、
エアが入っていたラケットがあったと思います。
当時の彼女が使っていて、なんとなく借りてみたら、
凄く良くて試合の時とかにも借りてました。

スーパーグラファイトも(実は)初めてみました。
ボロン?って思ったのですが、こんなのもあったんですね。

ハンマーは白黒のイメージが強いな~
とか思いながら、読ませて頂いていてビックリしたのが、
(テニス)エルボーの話です。
ピュアドライブってそんな副作用が出たりするんですね…
売れに売れたイメージなので、完璧な1本だと思ってました。

そのエルボーがプレステージで治まっていくというのも、
「そういうものなんだ…」と読ませて頂きました。
この場合、私が苦手な “密な” ストリングパターンが役に立つのですね( ..)φメモメモ

ウィルソン・ヨネ・バボラ・ヘッド…
と最近のラケットを知らない僕には色々学べる事が多かったデスヽ(^。^) 

長々とスミマセンッm(__)m ではッ
Commented by Tristan987 at 2011-09-08 20:13
> bobbieeさん
こんばんは!!
駄文にお付き合いいただき、誠にありがとうございますm(_ _)m
もうすでに、ほとんどのラケットを処分してしまっていますので、その頃のテニス雑誌の広告等で代用させていただきました^^;;
スラセンジャーのウッドラケットは、今でもどんなラケットだったか?はっきり覚えていませんデス。
T-2000は当時のガットがまだ張られてまして、昔流行ったガットの”糸飾り”(これで試合前のトスの表裏を示してました)
が懐かしいです(笑)。
バンジは、その風貌もそうですが、オールラウンドなプレーと綺麗なシングルバックハンドを打っていて好きでした。

>、“ロシニョール”…、これを使われてましたか~
いやあ~そうなんです。この頃は今よりもスピナーでしたので、あの驚異的にしなるF200は実に打ちやすいものでした。
確かに、ネットプレーは苦手なラケットでしたけどね(汗)。
ということで、1つめのレスを終わります(^-^)
Commented by Tristan987 at 2011-09-08 20:32
>bobbieeさん
引き続き、お願いします。
ビランデルですが、一時期(確か1989年の全英の頃であったと思います)このラケットを使っていました。でもすぐにロシに戻っちゃったんですけどね(爆)。

>エアが入っていたラケットがあったと思います。
ありました!ありました!意外とフレックスも柔らかめで打ちやすいラケットだったと記憶しています。

>スーパーグラファイトも(実は)初めてみました。
はいっ!思いっきりマイナーなラケットです(笑)。私も自分以外で使っている人をほとんど見たことありません(爆笑)。

>ピュアドライブってそんな副作用が出たりするんですね…
あっ!いえいえ・・・・私が調子に乗って無理に振り回していたので、肘にきたのでしょう(汗)。しっかりトレーニングされて
しっかりしたスイングをしていれば、何の問題も無いラケットです^^;;
その後、ヘッドのiプレステージに替えて、当初は痛みが残っていたのですが、そのうちに何故か痛みが消えてしまいました。

今のヘッドの”密な”ストリングパターンのラケットはまた感想書いてみますね!!
ではでは、この辺で失礼します(o^。^o)
Commented by Rosso at 2013-06-25 01:48 x
ベッディナ・バンジ、懐かし過ぎです。可愛かったあ。そんな訳で初めてのラケットはヘッドのアルミでした。T-2000はコナーズが来日する度「T-2000探してま〜す」って言ってましたね
Commented by Tristan987 at 2013-06-27 04:28
>Rossoさん
バンジ可愛かったですよね。
今のシャラポワのようなモデルのような綺麗さではありませんが
素朴な”原石のような”綺麗さがあったような気がします。
それから、彼女はシングルバックハンドでしたから、プレー自体が
格好良かったですよね。
コナーズは一度プロスタッフにラケット替えてから、またT-2000に
戻したりしていました。やはりT-2000というラケットは特別なんでしょうか!?
Commented by ひろみくん at 2014-08-30 20:26 x
はじめまして。
楽しく読ませていただきました。
僕もビランデルが好きで(誕生日1ヶ月違い)、ロシニョール→プリンスは同じ流れです(笑)。シングルバックハンドを無理してダブルに変えテニスがメチャクチャになったのも懐かしい思い出(笑)
その後はドネースーパーミッドグラファイト→ウイルソンプロスタッフクラシック110→ヨネックス(モデル名忘れた)→フォルクルC10プロ110ってな遍歴です。
最近フォルクルC10のミッドサイズを中古で購入しました。しなりのある球持ちの良いラケットが僕には合っていますね。
Commented by Tristan987 at 2014-09-09 00:31
>ひろみくん さん
こんばんは。
こちらの記事をお読みいただき、ありがとうございます。
ビランデルは、当初ボルグとプレースタイルが似ていて、コナーズ好きとしてはあまり好きではなかったのですが、
あの両手バックからのストレートとクロスのパッシングショットとトップスピンロブの鮮やかさを見させられては、
徐々に虜になるしかありませんでした(笑)。
私も両手バックに挑戦し、結構うまくいったほうだったのですが、シングルのバックスライスも好きだったので、
途中からどっちつかずになってしまいました。やはりテニスは難しいですね。
さて、今のラケットはしなって球持ちの良いラケットは少ないのですが、私が今使っている
ヨネックスのV core Tour Gは、今のラケットにしてはしなりますし球持ちも良く気に入っています。
また、いつかそのラケットの話題も出していきたいと思います。では。


ようやく次の段階へ!!


by Tristan987

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ポルシェ
911カレラ
他のおクルマ
今までのおくるま
撮る歓び
テニス
趣味のお話
トラブル
音楽
スキー
その他
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
more...

フォロー中のブログ

ブログ:もう魚は勘弁して...
++ feel like...
ゆるいき
カレラとカレラ
買っちゃったよボクスター
WILD&HONEY
雨の日は幌をたたく雨音を...
OPENな週末
幌馬車2台の道楽日記
Nessun dorma...
哲学の道
五感を覚醒せよ
ブログ:intensiv...
kata-no-tikara
絹雲を眺めながら
徒然M8写真集。
備忘録
戦闘的に走れ!
A Photograph...
うにうに頭の考え事
お気楽亭主の車道楽
ふたりでランチを。-Lu...
横浜、ディズニー、ファミ...
夏への扉~フェルディナントに~
From Boxer t...
まったり
All things t...
黄色い車は好きけ?
ボクスター はじめました
マイノリティー
I'M NOT A BEAR
ニュルニュルしてますか?
ケイマンと共に
まんぷく会長の備忘録
元秘書の独り言
ぱんだ きゃららに乗る
モーリシャスからの贈り物
いろはにほへと・・・
320dとケイマンのある生活

リンク

最新のコメント

上記にコメントいただきま..
by Tristan987 at 11:40
ブログをお休みされている..
by 8.1 3:08にコメントした者です at 03:34
8.1 3:08にコメン..
by Tristan987 at 23:51
お初にコメントさせて頂き..
by 某デイーラーマンは自 at 03:08
>ryoさん すみませ..
by Tristan987 at 21:26
20(土)21(日)はP..
by ryo at 09:56
>新・空間歩行人さん ..
by Tristan987 at 21:17
こんにちは。 ポルシェ..
by 新・空間歩行人 at 11:29
>ryoさん こんばん..
by Tristan987 at 23:48
こんにちは。 私は、今..
by ryo at 12:40

最新のトラックバック

やっと見れた!
from お気楽亭主の車道楽
竹内まりや 「Denim..
from 音楽の杜
中西保志
from Good!な芸能ブログ集
737672 Blog ..
from 737672 Blog Ve..
祝!Tristan987..
from ちゅーこボクスターで楽しもう♪
153262 Blog ..
from 153262 Blog Ve..
ポルシェ・エキサイティン..
from 幌馬車2台の道楽日記
GDP 2006 -2
from MONOMONO
真夏の富士に咲くさくら
from よしむのblog(mlog)
白は膨張色?
from ちゅーこボクスターで楽しもう♪

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

車・バイク

画像一覧