シングルバックハンドではダメなのか!?

a0042970_8265526.jpg
今年の全豪オープンも佳境に入ってまいりました。
男子シングルでは、案の定トップ4シードがベスト4に残り、素晴らしい準決勝の試合を見せてくれました。
巷では、錦織の話題で持ちきりですが、テニスのことではマニアックな当ブログではちょっと話題を変えて、テニスにおけるシングルバックハンドについて考察していくことにしましょう。




a0042970_8325787.jpg
さて、こちらは準決勝でナダルに敗退したフェデラー・・・・。
良い試合でしたが、やっぱりいつものとおりナダルのディフェンス力に対し、フェデラーが無理をしてミスって負けるというパターンでしたが、やはりバックハンドでなかなか攻められないところに対ナダル戦の分の悪さがあるのではないか!?と思っているわけです。

フォアハンドについては、ナダルと互角あるいはフェデラーのフォアが勝っているところもあると思うのですが、バックにボールを集められるとなかなか攻めに転じられない・・・・といったケースが目立ちます。
昨年ナダルに6連勝、№1をもぎ取ったジョコビッチを見ていますと、対ナダル戦は、フォアもバックも高い打点でクロスへ、ストレートへ打ち分けてナダルを動かし、返球が浅くなったところで決め球を打ち込む、といった戦法をとっています。
対ナダルでは、ランキングの低い選手は彼のバックサイドへボールを集めようとしていますが、あえてフォアサイドへ攻めのボールを打ち込んでいかないと活路を見いだせない!!それをしっかり行えていたのは昨年のジョコビッチであったわけです。
さて、ナダルのフォアハンド側へ右利きの選手がバックハンドで攻めのボールを打ち込む際は、バックハンドのクロスを打つわけですが、両手打ちの選手であれば、ある程度高い打点で打ちこめます。ジョコビッチはこの高い打点からスピードがあって精度の良いフラット気味のボールを打つことができるのですが、フェデラーはシングルバックなので、なかなか高い打点から打ち込むというショットが打てません。
この差が、対ナダル戦の勝敗の差になっているような気がします。
バックハンドで攻められる展開を持っていれば、攻撃の幅が出来ます、フォアハンドの攻めももっと楽にできるのだと思いますが、バックハンドで攻められないとフォアに頼って、より厳しいところへボールをコントロールしないとポイント出来ない・・・・という流れになり、その厳しさがそのままミスの多さに繋がっているように思います。

ただ、シングルバックハンドの高い打点でフラット気味に打ち込むって、実に難しいことなんです。
筋力、タイミング、ラケットの動かし方、面の作り方、どれもが高いレベルで実現できないと良いショットに繋がりません。
私がこれまで見てきた中で、高い打点からシングルバックで打ち込むのが上手かった選手は、ベッカーとクエルテン、レンドルもそうですね。後はエドベリも上手かったかな。
フェデラーのバックハンドは、フラット気味に打ち込むというより、スピンで弾ませて相手を走らせる、といったショットなので、コートカバーリングの良いナダルには追い付かれて逆襲されてしまうのですね。
まあそれでも、最近のフェデラーは努力してバックハンドを高い打点からフラット気味に打ち込むショットを見せていますが、まだ効果的に使えているレベルには至っていないようです。

a0042970_90385.jpg
さて、先週末は久しぶりにテニス日本リーグを見に行ったのですが、男子の試合を見ていてちょっと考えてしまいました。
ほとんどの男子選手が、両手打ちのバックで、フォアもバックもトップスピンでシコリ+αくらいのペースでストローク戦を行い、ちょっと攻勢をとれたらスピン系のショットで打ち込む・・・・というプレースタイル。ほとんどの選手がこういった戦い方をしていますので、なんだかどの試合を見ていても展開が同じ・・・・って感じなんです。
このレベルの選手たちはジュニアの時代からこういったスタイルで教えられているのだろうから、仕方のないことなのかもしれませんが、個性が無く、見ている側としてはなんともツマラナイ選手に見えてしまったことが残念でした。

でも三菱電機のチームで出場していた杉田祐一は、同じスタイルではありますが、さすがのプレーでしたし、イカイのチームでは珍しいダブルスペアを見ることができました。
イカイチームには、鈴木貴男が在籍していたのですが(数少ないシングルバックのプレーヤー)、そのチームに本村剛一が加入し、この二人がペアでダブルスに出場したのです!!
二人合わせて全日本選手権シングルス7回優勝といった実力者のペアが見られたのは、一つの収穫でしたね。二人ともシングルスのランクは落ちましたが、まだまだ実力者、相手チームを圧倒しておりました。特に鈴木のボレーは芸術品のようでしたし、本村のストロークは切れ味抜群!!で、見ていてとても楽しかったですね。
そうそう、この日は石井弥起も出場していたので、くしくも全日本選手権シングルス優勝者が4人も集まったのですね!!入場無料の大会なので、この点は得した気分でした。


さて、シングルバックハンドですが、今や世界ランクトップ10の中では、フェデラーと現在10位のアルマグロのみ・・・・。トップ20で見ても18位のガスケと19位のロペスが加わるだけと寂しい状況です。このシングルバックハンドプレーヤーの中で綺麗なスライスも打てたり、積極的にネットに出る戦法をとるのは、フェデラーくらい・・・・。
シングルバックハンドはやっぱり衰退の一途をたどってしまうのでしょうか!?
やはり私としては、サンプラス、エドベリのようなサーブ&ボレーヤーだがストロークも上手いシングルバックハンドプレーヤーが出てくることを期待して止みません。

最後に・・・・・
a0042970_9311639.jpg
”ポストフェデラー”として期待するブルガリアの新星! グリゴール・ディミトロフを紹介します!!
まだまだ荒削りですが、綺麗なシングルバックハンドを打ちますし、スケールの大きなテニスを期待できるプレーヤーです。
現在21歳、ランクは70~80位前後ですが、実力がついてきたら面白い存在だと思いますよ。
シングルバックが好きな私としては、頑張ってほしい選手です。
by Tristan987 | 2012-01-28 09:43 | テニス | Comments(4)
Commented by bobbiee at 2012-01-30 12:35
こんにちわッ
読ませて頂きました。
ナダルからするとフォアのクロスがフェデラーのバックですから、攻めやすいですよね。
僕も相手が右の片手打ちだった場合、フォアのクロスを多用しました。
ただ…(勿論、プロには当てはまらないのですが)
肩口辺りからストレートに厚いスライスで返球されるのは嫌でした。

>ベッカーとクエルテン、レンドルもそうですね
リターンも含めてベッカーのバックは面が出来ていて上手かったですね。

>日本リーグを見に行ったのですが
羨まし過ぎます(笑)

>個性が無く、見ている側としてはなんともツマラナイ選手に
仰る通り、今はジュニアから、総じて同じテニスですね…
小学生の試合を見たりもしますが、同じデス(悲)

>やっぱり衰退の一途をたどってしまうのでしょうか!?
今のままだと、そんな気もしますよね。。
もし私の息子がテニスを本気でしたいと言ってきたら、
両手打ち+片手スライスを勧めると思います。
“+片手スライス”には私の思いと意地を込めて(笑)

ではでは、失礼いたしますッ
Commented by kendo986 at 2012-01-30 23:27
こんばんは!
私は、インパクトの瞬間までしっかりボールを見切って打つフェデラーのバックハンドは大好きです。
しかし、昨日のジョコビッチとナダルの決勝を見ると、現在のラケット性能とプレイスタイルでは
両手バックハンドは必需なのかもしれませんね。
ナダルが苦しい時にチェンジオブペースで使用していた片手バックハンドスライス
は私も有効だと思います(*^_^*)
テニススクールでもジュニアは、ほとんど両手バックハンドですね(^^ゞ
wowowでやっている世界のシニアのチャンピオンズは、往年の名選手
が悠々と個性あふれる片手バックハンドで打ちまくっており、見ていて楽しいですよね。
サーブアンドボレーもほとんど見なくなったので、昨日のような長ーい試合
になってしまうのも、あまり良い傾向とは思えませんが(^^ゞ
Commented by Tristan987 at 2012-01-31 03:16
> bobbieeさん
こんばんは!!

>僕も相手が右の片手打ちだった場合、フォアのクロスを多用しました。
左利きの方のフォアクロスって有効ですよね。右利きとしてはスピンでバックに跳ねてきた場合は、スライスで対処してましたが、段々ジリ貧になってきて、攻め込まれてしまうのがオチでした(汗)。
>リターンも含めてベッカーのバックは面が出来ていて上手かったですね。
私は、今のナダルに片手バックで対向するには、バックの高い打点で左右にフラット気味に攻撃できるプレーヤーしかいないと
思っております。その点で上記に挙げた4人はなかなか良いのではないかと・・・・。
>仰る通り、今はジュニアから、総じて同じテニスですね
今の進化したラケットとガットのことを考えると、サーブ&ボレーのテニスはなかなか難しいのでしょうね。
昨日のジョコビッチとナダルのリターンを見ていますと迂闊にサーブ&ボレーに出ていけそうにありませんです(悲)。
>“+片手スライス”には私の思いと意地を込めて
ぜひ”キレキレ”のスライスを教えてあげてください!!
そしてサーブ&ボレーも!!!
Commented by Tristan987 at 2012-01-31 03:28
> kendo986さん
こんばんは!!
>インパクトの瞬間までしっかりボールを見切って打つフェデラーのバックハンドは大好きです。
私も、2000年のUSオープンで初めてフェデラー見たときに「この選手のバックハンドの打ち方はスゴイ!!」と思ってファンになりました。
>ナダルが苦しい時にチェンジオブペースで使用していた片手バックハンドスライス
たぶん、ほとんどのプレーヤー相手にはチェンジオブペースになって有効なのだと思いますが、昨日の試合は逆にそこからジョコビッチに攻め込まれるきっかけになってしまいましたね。
>世界のシニアのチャンピオンズは、
私もこのシニアテニス見てますが、面白いですよね(^.^)
エドベリとかムスターとかマッケンローもそうですけど、今も体が締っていて素晴らしいと思います!!
>サーブアンドボレーもほとんど見なくなったので
やはりラケットとガットの進化によるものでしょうね。その進化した用具にあの人たちの技術が加わるのですから、ストロークミスが少ないのも頷けます(^^ゞ

ということで、そろそろテニスしたくなってきましたね。またお相手よろしくお願いします(o^。^o)


ようやく次の段階へ!!


by Tristan987

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ポルシェ
911カレラ
他のおクルマ
今までのおくるま
撮る歓び
テニス
趣味のお話
トラブル
音楽
スキー
その他
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...

フォロー中のブログ

ブログ:もう魚は勘弁して...
++ feel like...
ゆるいき
カレラとカレラ
買っちゃったよボクスター
WILD&HONEY
雨の日は幌をたたく雨音を...
OPENな週末
幌馬車2台の道楽日記
Nessun dorma...
哲学の道
五感を覚醒せよ
ブログ:intensiv...
kata-no-tikara
絹雲を眺めながら
徒然M8写真集。
備忘録
戦闘的に走れ!
A Photograph...
うにうに頭の考え事
お気楽亭主の車道楽
ふたりでランチを。-Lu...
横浜、ディズニー、ファミ...
夏への扉~フェルディナントに~
From Boxer t...
まったり
All things t...
黄色い車は好きけ?
ボクスター はじめました
マイノリティー
I'M NOT A BEAR
ニュルニュルしてますか?
ケイマンと共に
まんぷく会長の備忘録
元秘書の独り言
ぱんだ きゃららに乗る
モーリシャスからの贈り物
いろはにほへと・・・
320dとケイマンのある生活

リンク

最新のコメント

>bobbieeさん ..
by Tristan987 at 23:41
フェデラー、最近の大会で..
by bobbiee at 17:38
>bobbieeさん ..
by Tristan987 at 14:42
>bobbieeさん ..
by Tristan987 at 14:00
(連続コメでスミマセン)..
by bobbiee at 11:06
ご無沙汰してます&フェデ..
by bobbiee at 10:51
>新・空間歩行人さん ..
by Tristan987 at 23:41
Tristan987さん..
by 新・空間歩行人 at 08:30
>pinokirinさん..
by Tristan987 at 00:00
911の写真がないのはご..
by pinokirin at 21:38

最新のトラックバック

やっと見れた!
from お気楽亭主の車道楽
竹内まりや 「Denim..
from 音楽の杜
中西保志
from Good!な芸能ブログ集
737672 Blog ..
from 737672 Blog Ve..
祝!Tristan987..
from ちゅーこボクスターで楽しもう♪
153262 Blog ..
from 153262 Blog Ve..
ポルシェ・エキサイティン..
from 幌馬車2台の道楽日記
GDP 2006 -2
from MONOMONO
真夏の富士に咲くさくら
from よしむのblog(mlog)
白は膨張色?
from ちゅーこボクスターで楽しもう♪

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

車・バイク

画像一覧