復活のロジャー・フェデラー(^^♪

a0042970_02004786.jpg
今年も早1か月が過ぎまして(^^;
ブログをほっぽり投げていましたが、フェデラーを2000年のUSオープンからずっと見てきている
ファンとしては、全豪オープンの結果をスルーするわけにはいきません!!





a0042970_02063698.jpg
昨年の全豪の後、膝の怪我で手術して、ウインブルドン終わりからツアー欠場していたフェデラーが
どんな形でツアーに戻ってくるのか?注目していましたが・・・・。

私には2つの進化があったと思っています。

① バックハンド

② サービス



①のバックハンドですが、これはエドベリがコーチに就いていた頃から取り組んでいた

”高い打点からのフラットショット”

が、ようやく実を結んできたのだと思っています。

特に、4回戦の錦織戦と決勝のナダル戦はそれが生かされた試合になりました。

a0042970_02124830.jpg
実はフェデラーってバックハンドは基本的にスピンをしっかりかけるスイングをする選手なんですね。
だから、安定もしているし、角度を付けてボールを弾ませ、相手をコートの外へ追いやるようなショットで
ポイントを重ねていたのですが、逆に、このワンショットで決めたいときにフラットで打ち抜くバックハンドが無かったため、
まれに逆襲に合うこともありました。
弱点のほとんど無いフェデラーではありましたが、数少ない弱点としてバックハンドが取り上げられ、フラット気味に
高い打点から打ち抜くショットが得意な選手(このショットの名手はベッカーとクエルテンであると思います)と比べると
見劣りしていたところでした。

まあ、簡単にフラット気味に高い打点から打ち抜くショット、と言いますが、テニスをある程度されている方ならお分かりかと
思いますが、片手バックでこのショットを打つのは対戦相手がアマチュアレベルでも結構難しいショットなんですよね。
それこそ、正確な右足の踏み込みと早めの打点、ラケット面の角度、そしてある程度の腕力が必要になります。

で、今回のフェデラーはこの高い打点のバックハンドストレート、クロスのフラットショットがかなりコンスタントに
打てるようになっていたのが、昨年までの彼のプレーと違うところだと思いました。

そして、サーブです。
フェデラーのサービスは、彼の武器でもありますが、私はデュースコートのワイドに切れていくスライスサーブとアドコートの
センターフラットサーブが意外と苦手なんじゃないかなぁ~と思っていました。

デュースコートのワイドとアドコートのセンターが上手い選手は、

やっぱり、サンプラス、そして近年ではジョコビッチ

だと思っています。

今回のフェデラー、デュースコートのワイドには少しスピードを殺したスライスサーブを上手く利用し、アドコートのセンターは、
これまでスライスをかけることが多かったのですが、フラットに打って、コンスタントにライン上に乗るサービスが打てていた
ように思います。

特に錦織戦では、このアドコートのサービスが最後まで効いていたのではないでしょうか。


a0042970_02382466.jpg
さて、ナダルも怪我明けですが、しっかり帰ってきましたね。
対フェデラーは、いつものナダルらしく、フェデラーのバックサイドに少し弾道の高いスピンボールを集めて、フェデラーが
苦し紛れにバックスライスで返球してきたボールをフォアの逆クロスや純クロスのようなストレートで追い込んで決める、
という戦法を使ってきましたが、先ほどフェデラーのところで書いた通り、フェデラーがバックハンドをほとんど高い打点で
フラット気味にストレート、クロスと打ち分けて返してきたので、ナダルとしては最後までストロークの主導権を握れずに
終わってしまった、というところだったと思っています。

それにしても、このナダルのプレーはやっぱりすごいですよね。第4セットからファイナルセットの序盤まではほとんどペースを
握っていたと思いますし、ファイナルセットの序盤までは「また今回もフェデラーは負けるのか!?」と思わせられるような
プレーでした。
ただ、ファイナルセットの中盤以降は、さすがに準決勝のロングマッチの影響が出ていたのかもしれませんね。

それと、ちょっと意外だったのは、ナダルが決勝でコイントスで勝っておきながら、リターンを選ばず、サービスを選んだ
ところです。いつもならリターンから入るナダルですが、どんな意図があったのでしょうか?
ナダルファンの方であれば分かるのかな?

a0042970_02544959.jpg
さて、錦織選手です。
結構、いろんな方が錦織選手について書かれているのですが、皆さん錦織ファン目線で書かれているので、私はフェデラー
ファン目線で錦織のことを書いてみます。

一応、私は日本人であってもフェデラーと対戦するときは、フェデラー応援です。そのときだけは錦織選手は敵になります(笑)。
なんとも非国民ですね(爆)。
a0042970_02585245.jpg
奇しくも、フェデラーがインタビューで語っていた「錦織は勝者のメンタリティーを持つ必要がある」という言葉ですが、
実にこれが一番今の彼を言い表していると思いますね。
勝者のメンタリティーって、根性論とか精神論だけではなく、技術論にまで発展していくことなのだろうと思うのですよ。

まず精神論から入っていきますと、フェデラーファン目線で言わせていただくと、今回の4回戦、ファイナルセットの戦いに
なりましたが「フェデラーやばいぞ!!」とは思えませんでした。
「まあ、大丈夫だろう」と思っちゃったんですよね。

これが対ナダルや、今回はありませんでしたが対ジョコビッチだと、リードしてても「いや、まだ追いつかれるかも?」とか、
追いつかれた場合「やっぱり今回もキツいかなぁ~」とファンとして思っちゃうのですが、錦織戦ではそうは思わなかった。
私なんぞが、そう思うくらいですからフェデラー自身も、あまり追い込まれているように思っておらず、少し余裕があった
のではないかと思うのですよ。

ナダルやジョコビッチ相手だと、たとえセットカウント2対1で勝っていても、ファンとしては不安ですし、そもそも
ナダルやジョコビッチは、そのままセットカウント3対1ですんなり終わってくれるようなメンタルは持っていません。
試合の流れが少しでも変われば、簡単にその流れの変わり目を突いてきて、あっという間に逆転してくる。

錦織には、そこまでのタフさや引き寄せの強さが無いんですよね。
そこはグランドスラムで勝ったことの無いことからくる錦織自身の自信の無さや対トップ5に5セットマッチで連勝
出来ていない経験値の無さが影響しているのかもしれません。

また、錦織自身の風貌からくる

威圧感の無さ(^^ゞ


も、「なんだか大丈夫そう」と思ってしまう要因なのかもしれません。
たぶん、自信や経験値がもっと上がってくれば、威圧感も出てくるだろうし、トップ10相手に「こりゃダメかも?」
と思わせられることもできるのではないでしょうか。
また、精神的なことは、技術的なことにも起因してくると思っています。
私は常々、トップ3に入るには

他のトップ10プレーヤーが持っていない勝つための特徴を持っていること!!

が条件だと思っています。フェデラーは展開の早さ、サービスとフォアハンドの攻撃力、
ジョコビッチは、どこからでも必ずバックハンドを両手のフラットで返してくる守備力と、そこから攻撃に転じる上手さ、
ナダルはどんなに振られても一発カウンターでエースを奪ってくる走力と体のバランス、攻めに転じたときのフォアハンドの
スピンショット、といったように、他のトップ10選手では誰も真似できない何かを持っているのですが、錦織選手には
これが無い・・・・・。
錦織選手は、ストロークは上手いし、確実性もあるし、最近ではサーブ&ボレーもこなすなど、プレーの幅が出て、
益々上手くなってきていますが、じゃあ他のトップ10が持っていない”何か”があるのか?と考えてみると、意外と無い
という結論になってしまうのですよ。

同年代のラオニッチにはあのサービスがあり、覚醒した感のあるディミトロフも強烈なフォアハンドとサーブというように
何かを掴みかけているところです。

そういった、他のトップ10には無い”何か”は、上に書いた劣勢でも追いつける原動力になってくれるし、そもそも
プレーする前から相手に対して威圧できる武器になるのだと思うわけなのです。
そういったことも含めてメンタリティーとして考えていくべきだと思うのですが、いかがでしょうか?

まあ、錦織選手はこれから、他のトップ10選手には無い”何か”を掴むべきなのか?それともこれまで通りなんでもこなせて
器用な選手のままがグランドスラム優勝を目指すべきなのか?
私には分かりませんが、彼ももう27歳。トップに登り詰めるための時間ははそれほど多く残されていないと思うのです。
さてさて、今後どうなりますか?

a0042970_03173882.jpg
さて、そのディミトロフですが、私はこの頃から注目していた選手です。
ようやく今年、覚醒しそうな感じで嬉しい限りです。このままもう1ランク上を目指してもらいたいです。
今回も準決勝のナダル戦、あと一押しだったのですが、今後グランドスラムでナダルやジョコビッチ、マレーに
勝てるようになると、たぶんこの人の時代が来るのではないかと思っています。

そんな時代を引き寄せるために・・・・・。


ぜひサンプラスがコーチに就いてほしい!!


と思っているのですが、いかがでしょうか?
サンプラスには、サービスやフォアのストロークからボレーに出る感覚、ボレーで決める感覚を教わってほしいと
思うのですが・・・・・。

a0042970_03272283.jpg
さてさて、フェデラーの18回目のグランドスラム制覇で終わった今年の全豪ですが、今後マレーやジョコビッチが
どう戦うのか?その次の世代である錦織、ラオニッチ、ディミトロフ、ゴファン、ティエムはどう出てくるか?そしてこの
フェデラーとナダルはどこまでやるのか?面白いシーズンになりそうです。

そうそう!この真ん中に写っているロッド・レーバーさんのプレー映像があったので、紹介します。

動画は、1976年、相手はボルグです。当時レーバーさんは38歳、ボルグは20歳。ウッドのラケットでもこれだけの技術を持っていたのは、さすがに年間グランドスラムを2回も達成しただけありますね。ボルグも昔の画像で改めてプレーを確認すると、意外とネットに出ていたことがわかります。現代テニスに、もうちょっと片手バックでフェデラーやレーバーのようなストロークからボレーに至るまでの技術力があるプレーヤーが多く出てくると面白いのですが・・・・・。
by Tristan987 | 2017-02-05 04:46 | テニス | Comments(8)
Commented by cayman987 at 2017-02-05 06:57
おはようございます。

全豪ハイセンスな記事拝読しました。勉強になります。
(きっと記事を上げて下さるのだろう・・と、楽しみに
しておりました☆)ありがとうございます。

わたしは、例によってみーはーな観戦をしておりました(笑)
ディミトロフ戦とフェデラー戦ではこうも違うものか
というのと、なによりフェデラーファンとしては^^、
決勝で勝機が揺れ動く中で、二人の不屈の闘志に感動しました。
(フェデラーもナダルも立派なジェントルマンでした(笑))

ミーハーファンとしては、試合後の二人の表情が、
別人かと思うほど穏やかな優しい表情になっていて感動する
と同時に、やはり勝利への執念のもの凄さが感じられました。

なんといっても、35歳フェデラー復帰、おめでとう♪♪♪
な全豪でした。このトーナメントに全力を注ぎ、そのあとプレイ
できなくなってもいいというニュアンスのコメントがあった
ようで心配すが、今年も活躍してほしいと願っています。
Commented by Tristan987 at 2017-02-06 06:47
> cayman987さん
おはようございます。

ここ最近、テニスネタをあれこれ考えていたのですが、なかなか記事を上げるまでに至らず
でしたが、まあフェデラーのグランドスラム優勝(しかもGSの優勝としては約5年ぶり)
ですし、錦織戦やナダル戦等、興味深い戦いがありましたので、書いてみました。

さて、さすがにフェデラー対ナダルについては、今までの対戦と同様に中身の濃い試合に
なりました。今回は、精神的な要素もありましたが、本文で書きました通り技術的な要素により
最終的にフェデラーが押し切ったと思っているのですが、試合後は二人とも”出し切った”って
感じだったと思います。

ナダルも最後まで勝利に向かってプレーしていましたし、仰るとおり二人の勝利への執念を見ると
錦織はもう1ランク上げないと、この二人のレベルまで届かないような気がします。

今年は、フェデラー、ナダルの復活とマレー、ジョコビッチの世代、錦織の世代、そのまた下の世代と
4世代がひしめき合うシーズンになりそうですね。楽しみです。
特にフェデラーやナダルは、体を大事に活躍してほしいところです。
Commented by bobbiee at 2017-02-28 10:51 x
ご無沙汰してます&フェデラーの全豪優勝オメデトウございますm(__)m
NHKが放送してくれたお蔭で私も見てました。
いや…強かったですね(と言うか、強かですね~) 
3回戦で対戦したベルディヒとか、4回戦の錦織も気の毒でした(笑)

ウチの子達もTristanさんと一緒でフェデラー応援でした、
理由は「ボレーするから」だそうです、生意気になりました。

で、非国民でない私(笑)は錦織応援だったわけですが、
残念ですが、彼の限界を感じつつあります。あと10センチ背か高ければ…と思いますが。。
いざという時の武器がTOP5に対してないんですよね…それとTOP5への勝ち癖。

これらがあるとオーラというか雰囲気が自ずと付いて来て…
それってTristanさんの言われる威圧感にも影響していると思います。

Commented by bobbiee at 2017-02-28 11:06 x
(連続コメでスミマセン)

威圧感で言うと、個人的にはユニクロは止めて頂きたい(笑) 

また、TOP5への勝ち癖を考えると、
コーチをヴィランデルに替えては如何かな?、思っています。
チャンは同期ですし、JALスーパージュニアの時から見ている好きな選手でしたが、
TOP5(当時だとレンドル・ベッカー・エドベリ・ヴィランデルですよね)に毎回勝っていたかと言うと、それは無く、
グランドスラムタイトルも89年の全仏のみ。

1年に全豪・全仏・全米と取ったヴィランデルから、
たとえ地味な風貌でも、眠くなる様な地味なテニスでも、派手なTOPの連中に勝つ勝ち方や、
TOP相手にマラソンマッチで負けない術を教わってはどうかと思うこの頃です。
(ヴィランデルのテニスは眠くなりました(笑)、でもあの負けないテニスは好きでした)

ウィンザーラケットショップからヴィランデルに接触して貰えないかな~(笑)

最後に、ディミトロフですがジュニア時代からポスト・フェデラーと言われていたみたいですね、
ご存知かも知れませんが、井上夏生さんの「テニスプロはつらいよ」という本にも書いてありました。
もしご存知でなければ、一度 読まれてみても面白いですよ。
ジュニアからプロを目指して戦った関口選手の話を中心に、錦織等も出てきます。
「全小・全日本ジュニア出場を目指す」と息子が言いだしたので、私は読んで若干鬱になりましたけど(笑)
著者はジャーナルの編集長をされていた方です。

長々と失礼しました。では~(^^ゞ


Commented by Tristan987 at 2017-03-05 14:00
>bobbieeさん
ご無沙汰しております。
遅レスになってしまいすみません(^^ゞ

フェデラーについては、今回私の予想ではベルディヒに止められるのでは?と思っていました。
さすがに半年近く実戦から離れていたので、ベルディヒのパワーに食われると考えていたのですが
たぶんフェデラーが最初にピークを持って行ったのがベルディヒ戦であったかのように完璧な
プレーで、どちらがランクが上なのか分からない試合でした。

まあでも、そのフェデラーも次の大会のドバイであっさり負けているので、そこは年齢的な衰えが
あるのかもしれませんね、いつも強いというわけではなくなっているということです。

これから先、ナダルやジョコビッチ、マレーも30歳代でのプレーでどのように強さを維持して
いけるのか?その次の世代がどこまで追い上げていけるのか?男子テニスも楽しい時代に突入しそうです。

そうそう!お子様の「ボレーするから」の理由は素晴らしいですね(^^♪
最近ボレーで勝負できるプレーヤーが少なくなって寂しい限りです。
そういえば、先日日本リーグのファイナルを見に行ったのですが、エキスパート・パワー・シズオカに
所属している近藤大生選手が久々にシングルスで出てきて、サーブ&ボレーやリターン&ネット等
楽しいプレーを見せてくれました。

ということで、錦織については次のコメントで・・・・。
Commented by Tristan987 at 2017-03-05 14:42
>bobbieeさん

ヴィランデルのコーチは面白そうですね(^^♪
錦織の今一番の課題は、トップ5に対する自分のプレーの軸が定まっていないことだと
思うわけです。トップ5に対して攻め切るだけのスタイル(フェデラーのような展開力の早さ)や
ボール(ナダルのようなフォアのスピンショットやワウリンカのようなバックハンドの圧力)は
持っていないし、ジョコビッチほどのコートカバー力や的確なボールコントロールも持っていない・・・
錦織はそこそこの攻めのスタイルを持ちながら、クレーへの特性もあるように、能力を持っていても
突出したものではないので、下位には勝てるけど上位には勝てない・・・が続いているように思います。

もしかしたら、ヴィランデルのようなクレバーなテニスが合うような気もしますね。
ヴィランデルも年内3冠を取った頃は、単に粘るだけのテニスから、積極的にネットに出ていくプレーに
変えていって、ハードコートでの勝率がかなり上がっていました。またサービスも初期の頃と比べると
スピード、バリエーションともにレベルが上がり、彼の大きな武器に変わっていきました。

そんなヴィランデルがコーチになったほうが、サービスの改良から、体力的に劣るプレーヤーが
力に頼らずトップに勝っていく方法、そしてグランドスラムで勝ち上がっていくペース配分や調整方法を
伝授してくれるような気がしますけどね。

井上夏生さんの本は存じ上げていましたが、まだ読んでいませんでした。
テニスの世界でプロを目指すのは、とてつもなく難しいことですが、例えばインハイ・インカレで
上位まで行けるまでの才能と努力があれば、普通に企業へ就職しても良い結果になって、あわよくば
実業団でテニスを続けていくことができるので、お子様が目標を持っておられるのは、とても良いこと
と思いますよ(^^♪
Commented by bobbiee at 2017-03-06 17:38 x
フェデラー、最近の大会では初戦負けしてましたね。
やはり、体力的にはキツイのだろうな~と感じてました。

>下位には勝てるけど上位には勝てない・・・
なんですよね、安定して世界8位(-_-;)
物凄い事なんですけど、記憶に残る記録が「五輪銅メダル」では寂しい。

>ヴィランデルのようなクレバーなテニスが合うような気もしますね。
歳を取れば、若い子達に対してメンタル的な余裕は出来ると思うのですが、
ハツラツさというか、圧倒的なパワーに対して、
クレバーなテニスで、どこまで対応出来るかは微妙なんだよな~と思っています。
今ほどラケットが進化してなかった時代ならば通じたのでしょうけど(-_-;)

チャンをコーチに迎えて初めての全米で決勝まで行った訳で、
ホントはここで優勝しておくべきだったのでしょうけど、
それ以降、伸び悩み的な物を感じるので、新コーチも一手かな~と思う次第です。

>お子様が目標を持っておられるのは、とても良いことと思いますよ
コーチは小学校高学年の時にはかなりのレベルになってますよ、と言ってくれますが、
その頃には中学受験が…6年の夏はどうなるの?? 
二兎追って一兎も得れないとかやめて~(>_<) と悩むこの頃です(笑)
Commented by Tristan987 at 2017-03-07 23:41
>bobbieeさん
確かに、まんまヴィランデルのような非力なプレーでは、用具が進化した現代のテニスにおいては
太刀打ちできませんが、錦織はそこそこ攻撃力のあるストロークを持っているので、たぶんどこかで
クレバーな要素を盛り込むと面白いかも?とも思えるんですけどね。

錦織もすでに27歳と若くはありません。彼自身トップ10が目標であるならば、「トップ5に入って
いるのだから素晴らしいじゃないですか!」と考えるのですが、彼の目標は今となってはグランドスラム
優勝であり、ゆくゆくは№1であるはずなので、だったらもう時間はわずかしか無いんじゃない!?
って思うわけなんです。

>二兎追って一兎も得れないとかやめて~(>_<) と悩むこの頃です(笑)
例えば、全小、全中優勝→柳川でインハイ優勝→早稲田or慶應でインカレ優勝→実業団にプロ契約
って道もあるかも?ですよ(^^♪


ようやく次の段階へ!!


by Tristan987

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ポルシェ
911カレラ
他のおクルマ
今までのおくるま
撮る歓び
テニス
趣味のお話
トラブル
音楽
スキー
その他
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
more...

フォロー中のブログ

ブログ:もう魚は勘弁して...
++ feel like...
ゆるいき
カレラとカレラ
買っちゃったよボクスター
WILD&HONEY
雨の日は幌をたたく雨音を...
OPENな週末
幌馬車2台の道楽日記
Nessun dorma...
哲学の道
五感を覚醒せよ
ブログ:intensiv...
kata-no-tikara
絹雲を眺めながら
徒然M8写真集。
備忘録
戦闘的に走れ!
A Photograph...
うにうに頭の考え事
お気楽亭主の車道楽
ふたりでランチを。-Lu...
横浜、ディズニー、ファミ...
夏への扉~フェルディナントに~
From Boxer t...
まったり
All things t...
黄色い車は好きけ?
ボクスター はじめました
マイノリティー
I'M NOT A BEAR
ニュルニュルしてますか?
ケイマンと共に
まんぷく会長の備忘録
元秘書の独り言
ぱんだ きゃららに乗る
モーリシャスからの贈り物
いろはにほへと・・・
320dとケイマンのある生活

リンク

最新のコメント

上記にコメントいただきま..
by Tristan987 at 11:40
ブログをお休みされている..
by 8.1 3:08にコメントした者です at 03:34
8.1 3:08にコメン..
by Tristan987 at 23:51
お初にコメントさせて頂き..
by 某デイーラーマンは自 at 03:08
>ryoさん すみませ..
by Tristan987 at 21:26
20(土)21(日)はP..
by ryo at 09:56
>新・空間歩行人さん ..
by Tristan987 at 21:17
こんにちは。 ポルシェ..
by 新・空間歩行人 at 11:29
>ryoさん こんばん..
by Tristan987 at 23:48
こんにちは。 私は、今..
by ryo at 12:40

最新のトラックバック

やっと見れた!
from お気楽亭主の車道楽
竹内まりや 「Denim..
from 音楽の杜
中西保志
from Good!な芸能ブログ集
737672 Blog ..
from 737672 Blog Ve..
祝!Tristan987..
from ちゅーこボクスターで楽しもう♪
153262 Blog ..
from 153262 Blog Ve..
ポルシェ・エキサイティン..
from 幌馬車2台の道楽日記
GDP 2006 -2
from MONOMONO
真夏の富士に咲くさくら
from よしむのblog(mlog)
白は膨張色?
from ちゅーこボクスターで楽しもう♪

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

車・バイク

画像一覧