カテゴリ:テニス( 56 )

復活のロジャー・フェデラー(^^♪

a0042970_02004786.jpg
今年も早1か月が過ぎまして(^^;
ブログをほっぽり投げていましたが、フェデラーを2000年のUSオープンからずっと見てきている
ファンとしては、全豪オープンの結果をスルーするわけにはいきません!!



More
by Tristan987 | 2017-02-05 04:46 | テニス | Comments(8)

東レPPO予選

a0042970_13043325.jpg
日曜日に、思い立って東レ パン・パシフィックオープン・テニスの予選ラウンドを見てきました。
東レPPOはWTAツアーの中でも上位ランクにある大会なので、世界ランキング上位が顔を出す大会です。
本当は、本戦も見に行きたいのですが、チケ代高いし、土日休日のチケットは今頃だと完売となっているでしょう(^^;

ところが、予選ともなれば、チケ代は1,000円だし、場内はすべて自由席なので、こういったコートサイドに
陣取ることもできます。ということで、久々にテニス観戦の1日となりました。



More
by Tristan987 | 2016-09-19 14:17 | テニス | Comments(2)

テニス日本リーグ

a0042970_20480110.jpg
いやはや、いつの間にか今年も2か月が過ぎておりました(^^ゞ
この2か月を振り返って、いくつか起きたことを・・・・。

まずは、久々に決勝トーナメントを観戦した「テニス日本リーグ」から。


More
by Tristan987 | 2016-03-06 21:44 | テニス | Comments(0)

期待し過ぎ とか まだまだこれから とか

a0042970_9323344.jpg
オーストラリアンオープンテニスも本日の男子シングルス決勝を残すのみとなりました。

それにしても錦織フィーバーは今回もスゴかった。



いつものとおり、自分のことは棚に上げての一言です(^^ゞ

More
by Tristan987 | 2015-02-01 10:57 | テニス | Comments(2)

錦織圭の進化!?

a0042970_5314612.png
錦織フィーバー凄いですね(^^ゞ
今回のワールドツアーファイナルの試合については、各所でいろいろな方が評論されているので、私からは特にお話することはしません。
実は私は、ここ最近YOUTUBEに投稿されるコートレベルの位置で撮影された選手達の練習風景動画を見るのが好きなんです(^^♪

テニスの試合の放送はほとんどが2階席辺りからコート全体を捉えるアングルで撮影されています。試合の行方を見るにはこの上からのアングルは適しているのですが、選手のボールの速さや質、また選手の動き方については、生で見たときとの隔たりがあって、ともすれば「自分でもあのくらいのボールが打てるんじゃない?」「なんだかテニスって簡単そうだよね!」って錯覚を起こすものです(笑)。

しかしながら、実際生でテニスの試合を見ますと物凄い速さと回転量でボールは飛んでいますし、選手達の動きのスピードは尋常ではありません。

前置きが長くなりましたが、そんな練習動画から錦織をはじめ各選手の特色がほんの少し垣間見えるので、ちょっとご紹介してみます。

More
by Tristan987 | 2014-11-18 06:49 | テニス | Comments(4)

まあ、仕方のない結果だったのかも・・・・

a0042970_2332715.jpg
この1週間ほど、旅行していたため全米オープンをじっくり見ていなかったので、各選手の調子・傾向をお話するには憚られるのですが、やっぱりグランドスラムに優勝するのは難しい・・・・ということなんだなぁ~とつくづく思いました。

More
by Tristan987 | 2014-09-10 03:16 | テニス

棄権だとぉ!?(>ε<)

a0042970_5192779.jpg
男子テニスの「ソニーオープン」、昨日はこちらの錦織 圭がフェデラーを下して準決勝進出!というニュースに、テニス関係者のブログではこぞって お祝ムードでありましたが・・・・・


準決勝は棄権だそうです(怒)


なんでも、左足付け根の負傷だそうで、ジョコビッチとの準決勝を前にコートを去ることになったわけです。

やはり日本の選手ですし、日本の男子選手でここまでの活躍をした人はいないので、テニス関係者のブログでは、暖かい書きぶりの人が多いところですが、当ブログは「人に厳しく、自分に優しい」をモットーにしておりますので(爆)あえて厳しく伝えさせていただきます(笑)。

何度か、錦織 圭のことを取り上げてはいますが、どうしてもこの人はフィジカルの面で不安が出てしまいますよね。
私が思うに、技術面だけで言えばとっくにトップ10に入る選手だと思うのですが、いつもフィジカルの弱さが邪魔をしてトップ10を逃しているのです。
「日本人にしては頑張っているではないか!?」「ここまで活躍できて凄い!!」という人が大半だと思いますが、いつも私が言っているところですが、この選手が目指すところがトップ20であるならば、私も手放しで「素晴らしい!!」を言えるのですが、トップ10やトップ5を狙うのであれば、連戦が続いてもビクともしないフィジカルの強さが必要であり、それを持たないこの選手について手放しで評価をしてはいけないと思っているのです。

特に、この時期インディアンウェルズとマイアミの”マスターズ1000大会”や、この後のモンテカルロ、マドリード、ローマと続くクレーのマスターズ1000大会は連戦になります。ここでポイントを稼げるか?稼げないか?でその後の全仏オープンでのシードが決まってきます。

もちろんランキングが上がれば、シード順位も上になりますのでナダルやジョコビッチ等の上位シードに早いラウンドから当たる可能性が低くなるわけで、勝ち上がりが楽になるのです。

まあ本人が一番悔しいところでしょうけれども、なんとかこういう”怪我体質”から脱却し、本来の実力を見せてもらいたいところです。

日本のファンも浮かれてはいられないところだと思います。4月初めにはデ杯のチェコ戦が控えています。チェコ戦は、向こうのエースであるベルディヒが欠場するとのことで、日本にとっては大チャンス!!なのですが、錦織も欠場となったら、勝ち目は無いでしょうね!!

ということで苦言を申してきましたが、テニス界でトップを担う選手たちは、技術面・精神面はもちろんのところフィジカル面も超人的なものを持っているので、錦織選手もそのトップを狙うのであれば、そろそろ自分を変えていって欲しいですね。




それと・・・・・

フェデラーファンとして言いたい!!


棄権するくらいなら勝たないでよぉー(爆)
by Tristan987 | 2014-03-29 05:54 | テニス | Comments(4)

シングルバックハンド万歳!!

a0042970_6283013.jpg
先週開催された2つのテニス大会。1つは「Dubai Duty Free Tennis Championships」、もう1つは「Abierto Mexicano TELCEL presentado por HSBC」という大会でありますが、どちらも大会のグレードはATP500シリーズというマスターズ1000大会に次ぐものでありますが、注目される二人が優勝者となりました。

More
by Tristan987 | 2014-03-06 06:36 | テニス | Comments(6)

コーチ陣の顔ぶれのほうが面白い(o^。^o)

a0042970_50424.jpg
先日、この写真のジョコビッチが、かつての名プレーヤーであるボリス・ベッカーをコーチに招へいする、というニュースが出てきまして、実に興味深く思っていたのですが・・・・・
a0042970_4595673.jpg
今度は、フェデラーがあのステファン・エドバーグをコーチに招へいする、というニュースが飛び込んできました!!

引用元(テニス365)

いやあ~エドバーグですかぁー!!(驚)

確かに、フェデラーの不足している部分(ボレーの精度とバックハンドスライスの切れ味)を武器としていたエドバーグとのタッグは面白いかもしれませんね。

これで、

マレー → → → レンドル

ジョコビッチ → → → ベッカー

フェデラー → → → エドバーグ

という、選手とコーチの図式が出来上がりました。
マレーはレンドルと組んで、ストロークにおける攻撃力が大幅にUPしましたし、なによりグランドスラムでの”勝ち方”を伝授されたことは、実に大きいことでありました。

ジョコビッチは、ベッカーと組んで何を得るのかな?やっぱり前に出る攻撃パターンをもっと取り入れたいのかもしれませんし、ウインブルドンでもっと勝ちたいのかもしれませんね。

フェデラーがエドバーグに求めるものとしては、前述のようにボレーの精度とバックハンドでしょうね。とにかく私が40年近くテニスを見続けてきたなかで、ボレーの旨さベスト3をあげるとしたら、マッケンローとエドバーグとサンプラスと即座に言えるほどの選手であります。

ちょうどベッカー対エドバーグの動画があったので、貼らせていただいていますが、同じサーブ&ボレーヤーでも”ボレーの質の違い”が見えると思います。
とにかくエドバーグのボレーは、相手がどんなに素晴らしいリターンを返してきても、ボレーがブレませんし、とにかくボレーを打つコースがとにかくシビアなので、それだけでゲームを支配できちゃうんですね。このボレーの”コース”とか”角度”という点では、マッケンローを凌いで歴代№1だと私は思っております。

フェデラーも今年の不調を脱すべく、また新しいラケットを試しているようですし、年齢のこともありますので、ナダルやジョコビッチ、マレーに勝つために”新しいテニス”を手に入れる必要があると思います。その一助にエドバーグがなってくれればよいのですが・・・・・。

それにしてもかつてのライバル達が、それぞれ現代のライバル達のコーチに座ることになりました。こうなったら、ナダルもマッケンローをコーチに迎えてサーブ&ボレーを磨いてみると面白いんだけどなぁ・・・・(笑)。
by Tristan987 | 2013-12-29 05:23 | テニス | Comments(4)

”道具”は身を助く(^-^)

a0042970_1251252.jpg
当ブログのアクセス状況を見ますと、意外に「テニス関係」の記事にアクセスいただいているのでありますが、まあテニスに関しては、自分の実力を棚に上げて偉そうなことばかりいう当ブログにお付き合いいただき、大変ありがたいことであります。
さて、久々のテニス記事はこちらの「バボラ アエロプロドライブ」を取り上げております。

よろしければ、続きをどうぞ。

More
by Tristan987 | 2013-12-23 13:53 | テニス


ようやく次の段階へ!!


by Tristan987

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ポルシェ
911カレラ
他のおクルマ
今までのおくるま
撮る歓び
テニス
趣味のお話
トラブル
音楽
スキー
その他
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
more...

フォロー中のブログ

ブログ:もう魚は勘弁して...
++ feel like...
ゆるいき
カレラとカレラ
買っちゃったよボクスター
WILD&HONEY
雨の日は幌をたたく雨音を...
OPENな週末
幌馬車2台の道楽日記
Nessun dorma...
哲学の道
五感を覚醒せよ
ブログ:intensiv...
kata-no-tikara
絹雲を眺めながら
徒然M8写真集。
備忘録
戦闘的に走れ!
A Photograph...
うにうに頭の考え事
お気楽亭主の車道楽
ふたりでランチを。-Lu...
横浜、ディズニー、ファミ...
夏への扉~フェルディナントに~
From Boxer t...
まったり
All things t...
黄色い車は好きけ?
ボクスター はじめました
マイノリティー
I'M NOT A BEAR
ニュルニュルしてますか?
ケイマンと共に
まんぷく会長の備忘録
元秘書の独り言
ぱんだ きゃららに乗る
モーリシャスからの贈り物
いろはにほへと・・・
320dとケイマンのある生活

リンク

最新のコメント

上記にコメントいただきま..
by Tristan987 at 11:40
ブログをお休みされている..
by 8.1 3:08にコメントした者です at 03:34
8.1 3:08にコメン..
by Tristan987 at 23:51
お初にコメントさせて頂き..
by 某デイーラーマンは自 at 03:08
>ryoさん すみませ..
by Tristan987 at 21:26
20(土)21(日)はP..
by ryo at 09:56
>新・空間歩行人さん ..
by Tristan987 at 21:17
こんにちは。 ポルシェ..
by 新・空間歩行人 at 11:29
>ryoさん こんばん..
by Tristan987 at 23:48
こんにちは。 私は、今..
by ryo at 12:40

最新のトラックバック

やっと見れた!
from お気楽亭主の車道楽
竹内まりや 「Denim..
from 音楽の杜
中西保志
from Good!な芸能ブログ集
737672 Blog ..
from 737672 Blog Ve..
祝!Tristan987..
from ちゅーこボクスターで楽しもう♪
153262 Blog ..
from 153262 Blog Ve..
ポルシェ・エキサイティン..
from 幌馬車2台の道楽日記
GDP 2006 -2
from MONOMONO
真夏の富士に咲くさくら
from よしむのblog(mlog)
白は膨張色?
from ちゅーこボクスターで楽しもう♪

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

車・バイク

画像一覧